• タグ別アーカイブ: HGUC
  • HG Moon Gundam 制作3

    本体はおっそろしい気合が入った設計になってますが、
    バックパックも強度を考えた設計になってます。
    というかKPSの使い方をマスターした???

    後ろのサイコプレート、そこそこの重量がありますが支えています。
    いやはやこの技術でνガンダムを再設計してほしいものです。

    そしてこのキットにはアクションベース5のダークスモーク版がついてきます。
    これがキットの値段を上げている原因ですが、
    ベースがあったほうが立たせるのに自由度が高くなりますから仕方ないのかも。

    パッケージ風に逆行で撮影

    順光で

    後ろ

    バストアップ1

    バストアップ2
    シールなしの顔。

    ビームライフルを構える。
    ちなみにビームライフルはバンダイ愛のモナカ割ですが、合わせ目がめだたないように段落ちになってます。

    ビームトマホーク。
    サザビーっぽい武器。

    バタフライエッジ。
    小さいのに造形が素晴らしい。

    お値段が少々高めですが、抜群におすすめのキットです。
    ゲート跡をしっかり処理して、スミ入れすればかなりいい感じになると思います。

    若干スジが甘いところがあるので、カチッとスジボリをすると引き締まりそうです。

    ところどころサザビーのデザイン(肩とか胸)を継承しながら、腹とか足とかシナンジュのようで、
    最初は違和感を感じましたが、見慣れてしまうとかっこいいと思えるようになってきました。


  • HG Moon Gundam 制作2

    下半身の制作に入ります。
    HGなのに驚きの分割で合わせ目なし。
    すごい。

    かかととつま先
    つま先はゲート跡が目立たなくなるようになってますが、
    踵は目立ちます。
    ランナーがA1とA2と同じ位置にゲートがくるので、同じ位置にゲート跡ができます。

    フレームを組み上げました。
    関節のパーツを挟み込むようになっています。

    脚部フレームの左右に外装パーツを取り付けます。

    そして真ん中のパーツを取り付けます。

    後ろも同様。

    膝の可動域はこのくらい。
    実用的な範囲内です。

    パーツも必要最低限に分割されている感じで、サクッと組み上がりました。

    上半身をつけるとこんな感じ。

    このキットには気合の入り方が違います。
    先ごろからの手や足をまとめてランナーに配置しているのはもちろんのこと、
    ゲート跡も正面に出る部分は目立たなくなる工夫や、
    なにより合わせ目はほぼないし、シールもないという恐ろしいキットです。


  • HG Moon Gundam 制作1

    リハビリ第一弾。

    ここ数ヶ月、闘病生活のため世の中から隔離されてて、
    気がついたらビルドダイバーの放送は終わっているし、
    ぷち浦島状態です。

    さて、ホビーショーで大々的に展示されていたムーンガンダムが発売になっておりましたので、
    これの制作をしてみたいと思います。

    パッケージ。逆光で描かれていてカッコいい。

    説明書表紙。HG?って思うくらいシャープな造形。

    Aパーツ 腕とサイコフレームのパーツ

    Bパーツ 脚と腰のパーツ

    Cパーツ 肩や足のブルーの部分

    Dパーツ グレーの部分

    Eパーツ 関節 2枚

    Fパーツ 赤い部分とピンクのエフェクトパーツの2枚

    Gパーツ 純白(頭部アンテナ、襟、膝)と黄色(肩バーニア、胸)

    Hパーツ 顔の一部、選択。

    Iパーツ サイコフレーム本体

    アクションベース5

    胸の部分。ぎっしり詰まってます。

    首も2段階に動きます。

    胸部完成

    肘の関節

    上半身。肩にサザビーの面影、腰にシナンジュの面影。パーツ割りも考えられており、合わせ目がほぼない!シールもない。顔の色分けもされている。驚異的。


  • HG ガンダムユニコーン 光の結晶体

    写真をアップできませんでしたので、
    後日アップいたします。

    ガンダムベースで限定発売されました。
    何年か前にロボット魂で発売されてましたが、ついにプラモでも発売となりました。登場シーンは最後の最後のほんの一瞬ですが、かなりインパクトのある状態になっており、個人的には発売を心待ちにしてました。hgのユニコーンはたくさん制作して、極小LEDを50個近く埋め込んだりと、おっそろしく思入れのある機体の一つです。

    ベースとなっているユニコーンはそもそも出来が良いので、10年前の設計とはいえ、いまでもそれほど見劣りはしません。ここ最近のキットのようにゲート跡までは考慮されてはおりませんが。

    これにいくつかの新規パーツを取り付けて光の結晶バージョンにます。もちろん、ノーマル状態でも組めますが…

    この新規パーツのいくつかがかなり細かくはめるのも少し難しいので、限定商品にしたのかと感じました。プレバンでもいけそうですけどね。

    新規パーツの結晶部分にはラメが入っていてキラキラ輝きさらには紫外線にもしっかり反応します。紫外線LEDを仕込んだら面白そう。でも光を浴びせすぎると劣化するのではと少々不安が。外装の緑ががったホワイトが黄変したら嫌ですし。

    手は平手が付いて来ます。ネオジオング戦でのアレです。ネオジオングとの戦いが再現できそうです。

    アクションベース5のスモークにラメが入ったものも付属。正直ビミョーって感じで、これ省いてキットの値段下げてくれと思いました。これほどバリエ展開しているのも珍しい。

    光の結晶は思いの外細かい造形で、かなり細かい部分まで劇中の再現がなされているので、ユニコーンが好きできたら押さえておきたいと思いますが、いったいユニコーンは何体出るんでしょう?