• タグ別アーカイブ: ガンダム
  • [レビュー] HGBD ガンダム ダブルオー ダイバー

    ついに放送が始まった「ガンダム ビルド ダイバーズ」!
    先行公開された画像ではさっぱり登場しなかったダブルオーダイバーですが、
    本放送ではよく動く機体として描かれてました。
    って、主役機はこっちでした。

    さて、パーツ構成をみていきます。

    Aランナー HGのダブルオーそのものです。

    Bランナー こちらもHG ダブルオーです。いくつかのパーツが余ります。

    Hランナー 新規パーツ

    Iランナー 新規パーツ

    Jランナー 新規パーツ

    同時発売となったダイバーギアに乗せてみました。

    ダイバーズギアにはいろいろなパーツがついてきて、
    さまざまなポーズを取らせることができるよう工夫されてます。

    HG ダブルオーとの比較。
    (ダブルオーは塗装してあります。)
    だいぶ雰囲気が変わってます。

    付属の各種手。全部で4種8個。

    HG ダブルオーの頃にはやっていた手首稼働が復活。かなりの稼働させることができます。
    ただ真横から見ると違和感を感じてしまうのが残念ですが。

    00のHGから1/144でも正座できるようになりましたが、
    本キットも当時の設計をそのまま引きずっており、
    ポリキャップを関節内部に仕込むようになってます。
    可動範囲も当時は驚異的と驚いたものですが、現在の目でみても、
    おっそろしく動かせます。
    胴体部分が若干今のキットよりは動かないかな。

    で、シールを貼る箇所も少なく、色の構成もほぼ素のままでOK。
    で、す、が、頭部のアンテナ中心部がレッドなのですが、
    なぜかパーツはクリアグリーン。
    いちおうシールはついてくるんですけど、これは残念なポイントです。

    しかし、手が8個ついてきて、価格が1000円とは、
    おそるべきコスパの良さ。

    組みやすいですし、可動域も広いですし、手も付属してくるので、
    プレイバリューはかなり高いのではないでしょうか?

    来月には拡張パックがでますし、バンダイさんの気合を感じる一品です。


  • HGBD ガンダムAGE2 マグナム 全塗装 完成

    正面

    斜め正面

    左横

    斜め前

    右横

    後方

    右後方

    バストアップ

    正面からのバストアップ
    こうしてみると華奢。

    付属品一式

    二刀流正面

    ライフルを構えて

    Fファンネルは持たせることもできます。

    ビームサーベル二刀流

    a>

    うまく光を拾えると、クリアパーツが輝きます。実際はかなり透明感があるのですが写真ではそれがうまく表現できてません。

    飛行形態、正面上から
    あいかわらずかっこいい。

    飛行形態、横

    改修箇所
    先のレビューの通り、パーツはほぼ完璧に色分けされております。しかしながら合せ目がいくつかあるので、それを瞬間接着剤で塞ぎました。
    腕、頭とライフルです。あとファンネルにもありますが、こちらは左右のパーツを合わせた状態でヤスリをかけて平行を出してあります。

    顔の輪郭とアンテナのパーツは、アンテナがバンダイエッジになっているので、これをカットして先端を削って尖らせてあります。

    ビームライフルはグラデーション塗装を施してあります。背景がグレー系統ですと見にくいので、緑のカッターマットに乗せてあります。

    塗装レシピ
    サフ 1000番をクリアパーツ以外全てに吹き付け。

    ホワイト  GXホワイト(中心部を明るく)→MSホワイト
    ブルー・パープル  ガンダムカラー ティターンズブルー1
    イエロー ホワイト→色の源イエロー+色の源レッド+ホワイト (説明書指定の色より明るめにしてあります。)
    オレンジ ホワイト→オレンジ

    クリアパーツにはGXクリアー UVカット 光沢 を厚めに塗装してあります。
    それ以外のパーツはGX クリアー UVカット 艶消し でコートをしてあります。

    塗装したらかなり化けました。
    ホワイト部分を少し陰影を付くようにして、ブルー・パープルは写真よりもう少し濃い色で重量感ある色になっており、HGとは思えぬスケール感が出ていると思います。肩もクリアパーツも光の透過と反射が美しく、先行公開されている映像のイメージにそこそこ近づけたように思います。


  • HGBD ガンダムAGE2 マグナム レビュー 2

    正面

    胸の穴が気になりますが、これは飛行形態になる時にハイパードッズライフルマグナムをはめる穴です。ブルー・パープルのパーツが新規パーツで、手、足の白い装甲パーツも新規パーツです。正直、ノーマルのAGE2よりかっこいい。

    もっと話題になっていいと思うのですが、ビルド系の悲しい宿命か。

    後ろ

    変形時に使用する穴が目立ちますね。

    ビームサーベルを持たせてみました。
    ぱっと見た目に合わせ目が目立たない設計は素晴らしい。

    斜め前

    しぶいなー
    肩が巨大化してますが保持力があるので問題ないです。

    ハイパードッズライフルマグナム
    でかいのでそれなりに重量がありますが、カバーで上手く手を挟むようになっており、へたることはないです。が、肘が重さにギリギリ耐えているという感じで、しばらく放っておくとちょっと下がっきます。

    飛行形態に変形するために、各パーツを外します。

    胸を引き出して折り曲げ、肩を引っ張り頭を下げます。


    飛行形態用の腰のパーツ
    これに脚を取り付けます。変形の仕方はZのような感じです。
    膝を曲げて、つま先をのばします。

    マグナムとシールドをはめて、腰のパーツを反転させて下にのばします。

    飛行形態
    かっこよすぎ。
    おまけの変形ではなくって、本気で変形後の形をデザインしている気がします。

    どの角度からみても決まってます。

    付属の手
    左の平手と握り手があります。

    説明書に載っていたポーズを取らせてみました。
    腰のひねりが半端ねー。

    飾り台もついてきてこのデキは間違いなくお勧めのキットの一つでしょう。
    ブルー・パープルのパーツのゲートは大きいのが多いので、丁寧に切り取る必要がありますが、白化してしまったときはヤスって艶消しでコートするだけで、相当いいものになると思います。塗装したら大化けしそうな予感がするので、サックっと塗装してみます。

    最近でかいパーツばかり塗装しているし、色合わせに苦労してきたので、たまにはHGもいいよね。


  • HGBD ガンダムAGE2 マグナム レビュー 1

    4月から放送される ガンダムビルドダイバーズ から主人公機が発売になりました。
    ついにビルドシリーズにAGEからMSが投入されます。
    キットの元になったAGE2の発売は5年前位ですが、おそらくポリキャップ使用のキットとしては、
    このころが最盛期だったと思います。
    とにかく可動範囲は広く保持力もそこそこあるというキットがこの頃は多かった気がします。

    さて箱絵ですが、番宣です。

    裏には商品展開の予定が…
    こんどはガシャポンとつながる模様。

    Aランナー
    AGE2のものと一緒

    Kランナー
    新規造形のもの。
    主にFファンネルとアーマーのパーツ。

    ポリキャップはPC-001
    AGE2と同じ。

    Jランナー
    新規造形。手や足の装甲パーツとシールド

    その他パーツ。
    ビルド系らしくきれいなクリアパーツ