[ご依頼品] PG ユニコーンガンダム 光沢仕上げ 3

十分な硬化時間を取って、シルバーを硬化させて、ガイアノーツのEXクリアをシルバーの表面を荒らさないように数回に分けて吹き、
これも十分な硬化時間を取ってます。

そして、クレオスのホワイトとEXクリアを半々で混ぜたものを薄く全体に吹いて乾燥硬化させます。
これを中心が濃くなるようにグラデーションを軽く付くようにホワイトを吹いてます。

その上にビスマスパールを吹いて、スーパークリアーⅢ UVカット 光沢 で仕上げをしてます。
左がホワイトを吹いた状態で、左がパール+コートをした状態です。

ホワイトのパーツの硬化中はこんなカオスな状態でした。

実は依頼者様より軽くグラデーションをかけてほしいとこの作業に入る前に連絡をいただき、
いくつかサンプルを作ってお送りして、イメージにあうものを選んでいただいたのが、
上記の塗装方法で、前回から少し間が開いてしまったのは、塗装に時間がかかっていたのと、
塗装方法のやりとりがあったためです。

メインの塗装も終わりましたので、組み立てに入ります。
コックピットに座るバナージを光沢ありで塗装したのですが、
サイコフレームをつけると脚しか見えなくなるという罠。

サクサクと胸部を組み立て終了。

LEDを組み込むための配線は背中側に。
バンダイさんもこの頃から電飾に力を入れ始めたというか、
専門家が参加しているような気がしてます。

うっすらとグラデーションが入っているのに、
写真ではほぼおなじ色で写ってしまっているのが残念。

頭部もサクッと組み立ててといいたいところですが、
複雑なパーツ構成になっているため、少々時間をかけて組み立てました。

アンテナ部分は無塗装のホワイトです。
塗装部分との比較になるかなと。

試験点灯

やばい、かっこよすぎる。


コメントは受け付けていません