• [レビュー] HGUC ナラティブガンダム C装備

    パッケージ

    説明書

    付録の冊子 メカニカルレポート
    ナラティブに出てくる連邦系のMSの解説本

    Aランナー

    Bランナー

    Cランナー

    Dランナー

    Eランナー

    Fランナー

    Gランナー

    Hランナー

    PC-001

    シール

    腕と足のフレーム

    ナラティブガンダム→ニューガンダム って流れですが、
    ふくらはぎのほうはニューっぽくて、脛のほうはユニコーンのようなデザイン。

    仮組み

    なかなか精悍です。
    色分けも完璧、合わせ目も目立つものはなし。
    ライフルはモナカ割なので合わせ目消しが必要です。
    シールドの裏に抜き穴があるので埋めて塗装が必要です。

    バストアップ

    完成度が高いキットです。


  • 【お知らせ】 制作を再開いたします。

    ちょっと経緯を。

    年明けに病が再発してしまいました。
    当初は免疫力を高めて様子を見ようということで、
    体にストレスになるようなことは禁止され、
    その中に有機溶剤の使用も含まれてました。

    そのようなわけで年初は組み立ててレビューみたいな感じになってたのですが、
    結局は手術を受けることとなり春前からは完全休養状態になっておりました。

    3月4月と手術を行い、その後の経過も良好とのことで、
    先月末の診察でやっと有機溶剤禁止が解かれました。

    それからは闘病前にご依頼を頂いていたものを制作してきましたが、
    終わりが見えてきましたので、制作のご依頼の受付を再開いたします。

    お問い合わせを頂くも上記のような理由で受け付けることもできず、
    また、再開の日時もお知らせできず、ほんとうにご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

    制作代行のお問い合せを頂いていた方には順次メールをお送りいたしますので、
    今しばらくお待ち下さい。


  • HGPG アヤメ

    プッチガイシリーズからアヤメが登場。
    本体は従来のものと同じで、ラベンダー色のプッチガイです。
    顔はマスクあり、なしの2種類入っていて、
    目のパーツ、シールもそれぞれに用意されているという気合の入り方。
    このシリーズはサクッと組み立てられて、かわいいです。


    パッケージ


    シール


    Nランナー
    新規。


    Iランナー


    Jランナー

    ポリキャップは半透明のPC-7


    正面
    胸の赤はシールです。



    後ろ
    リボンのところにイエローのシールを貼るのですが、貼ってません。


    実物の顔は写真より平らに感じます。


    マスクなしの顔。


    ラベンダーのプッチガイ。


    いつもの椅子と大きいアッガイとの接続パーツ

    可動できる関節は胴体との接続部分のみといういつもの状態ですが、
    マスクのおかげか、いつもより表情がないぶん、雰囲気が違います。
    塗装しないときは、ランナーパテを作って合わせ目消しをすると良いですが、
    合わせ目消しをしっかりして塗装するのも良いかも。


  • HGUC R-ジャジャ レビュー

    R-ギャギャが出たときにR-ジャジャがそのうちに発売になるだろうと思いましたが、
    ちょっと長かったですね。

    基本の構成はR-ギャギャと同じです。
    CランナーがR-ジャジャ用の新規パーツとなってます。


    パッケージ。かっこいい。
    うしろにZZが何気に描かれててグーッド。


    Aランナー
    Rギャギャの色違いの一部のパーツ。


    Bランナー
    こちらもRギャギャと色違いですが、構成は同じ。


    Cランナー
    これが新規。
    てか、本体の違いはほぼこれだけ。


    Dランナー
    ほぼRギャギャと同じですが、Rジャジャのとさかと武器のパイプと手の甲が追加。


    Eランナー
    関節部分。盾の接続パーツがない等Rギャギャより少なくなってます。


    Fランナー
    Fランナーも盾のパーツ分ととさかがなくなってます。
    F2ランナーは新規。


    Gランナー
    ビームサーベルの刀身部分。


    ポリキャップ


    Rギャギャといい、あいかわらずかっこいいですなー。


    アニメ色の成型色もばっちりで、色分けもほぼ完璧。

    合わせ目はモールドのように処理されていて、ほとんど目立たないようになってます。


    バリアブルシールドが昆虫の羽のようで、
    丸みを帯びたフォルムでなんとなくオー○バトラーのよう。

    メタリック塗装したガズR/Lと並べたいところ。
    となると、Rジャジャもメタリックにしたほうがいいのかな。