MG Gunner Zaku Warrior Lunamaria Hawke Custom レビュー2

下半身。重量感があります。

 

 

ガンナー装備

ビームライフルと盾

 

フレーム

 

 

ザフトフレームの刻印があったので、ウィングシリーズのように共通フレームで色々出してくるんでしょうね。

正面。今風にデザインされてますけれど、かっこよすぎねーか?

重量感がありながら精悍な姿

 

後ろ、重たいんですけれど、ガッチリ接続されているので、ぽろりはなさそう。あわせめが

ビーム砲の合わせ目が目立ちます。

細かいところも色分けできてます。

 

膝も肘も180度曲げられますし、可動範囲はこのタイプのキットとしては格段の進歩を遂げてます。気になるのはKPSの耐久性です。特に背中の重みが膝にかかってくるので、ここの摩耗が進んでしまうとヤバそう。フレームがABSでできていたときは、縦にスライドする部分が多く破損することもありましたが、KPS化によってスライドパーツはなくなり、摩擦で固定できるようになったので、単純に挟み込むだけで構成できるようになりました。その結果組み立てもかなり楽になってます。前にも書きましたが、お値段があれですけれど、ガンプラの進化を体感できるキットとなってます。


コメントは受け付けていません。