HG Moon Gundam 制作2

下半身の制作に入ります。
HGなのに驚きの分割で合わせ目なし。
すごい。

かかととつま先
つま先はゲート跡が目立たなくなるようになってますが、
踵は目立ちます。
ランナーがA1とA2と同じ位置にゲートがくるので、同じ位置にゲート跡ができます。

フレームを組み上げました。
関節のパーツを挟み込むようになっています。

脚部フレームの左右に外装パーツを取り付けます。

そして真ん中のパーツを取り付けます。

後ろも同様。

膝の可動域はこのくらい。
実用的な範囲内です。

パーツも必要最低限に分割されている感じで、サクッと組み上がりました。

上半身をつけるとこんな感じ。

このキットには気合の入り方が違います。
先ごろからの手や足をまとめてランナーに配置しているのはもちろんのこと、
ゲート跡も正面に出る部分は目立たなくなる工夫や、
なにより合わせ目はほぼないし、シールもないという恐ろしいキットです。


コメントは受け付けていません