HGBD ガンダムAGE2 マグナム 全塗装 完成

正面

斜め正面

左横

斜め前

右横

後方

右後方

バストアップ

正面からのバストアップ
こうしてみると華奢。

付属品一式

二刀流正面

ライフルを構えて

Fファンネルは持たせることもできます。

ビームサーベル二刀流

a>

うまく光を拾えると、クリアパーツが輝きます。実際はかなり透明感があるのですが写真ではそれがうまく表現できてません。

飛行形態、正面上から
あいかわらずかっこいい。

飛行形態、横

改修箇所
先のレビューの通り、パーツはほぼ完璧に色分けされております。しかしながら合せ目がいくつかあるので、それを瞬間接着剤で塞ぎました。
腕、頭とライフルです。あとファンネルにもありますが、こちらは左右のパーツを合わせた状態でヤスリをかけて平行を出してあります。

顔の輪郭とアンテナのパーツは、アンテナがバンダイエッジになっているので、これをカットして先端を削って尖らせてあります。

ビームライフルはグラデーション塗装を施してあります。背景がグレー系統ですと見にくいので、緑のカッターマットに乗せてあります。

塗装レシピ
サフ 1000番をクリアパーツ以外全てに吹き付け。

ホワイト  GXホワイト(中心部を明るく)→MSホワイト
ブルー・パープル  ガンダムカラー ティターンズブルー1
イエロー ホワイト→色の源イエロー+色の源レッド+ホワイト (説明書指定の色より明るめにしてあります。)
オレンジ ホワイト→オレンジ

クリアパーツにはGXクリアー UVカット 光沢 を厚めに塗装してあります。
それ以外のパーツはGX クリアー UVカット 艶消し でコートをしてあります。

塗装したらかなり化けました。
ホワイト部分を少し陰影を付くようにして、ブルー・パープルは写真よりもう少し濃い色で重量感ある色になっており、HGとは思えぬスケール感が出ていると思います。肩もクリアパーツも光の透過と反射が美しく、先行公開されている映像のイメージにそこそこ近づけたように思います。


コメントは受け付けていません