[レビュー] HGBD ガンダム ダブルオー ダイバー

ついに放送が始まった「ガンダム ビルド ダイバーズ」!
先行公開された画像ではさっぱり登場しなかったダブルオーダイバーですが、
本放送ではよく動く機体として描かれてました。
って、主役機はこっちでした。

さて、パーツ構成をみていきます。

Aランナー HGのダブルオーそのものです。

Bランナー こちらもHG ダブルオーです。いくつかのパーツが余ります。

Hランナー 新規パーツ

Iランナー 新規パーツ

Jランナー 新規パーツ

同時発売となったダイバーギアに乗せてみました。

ダイバーズギアにはいろいろなパーツがついてきて、
さまざまなポーズを取らせることができるよう工夫されてます。

HG ダブルオーとの比較。
(ダブルオーは塗装してあります。)
だいぶ雰囲気が変わってます。

付属の各種手。全部で4種8個。

HG ダブルオーの頃にはやっていた手首稼働が復活。かなりの稼働させることができます。
ただ真横から見ると違和感を感じてしまうのが残念ですが。

00のHGから1/144でも正座できるようになりましたが、
本キットも当時の設計をそのまま引きずっており、
ポリキャップを関節内部に仕込むようになってます。
可動範囲も当時は驚異的と驚いたものですが、現在の目でみても、
おっそろしく動かせます。
胴体部分が若干今のキットよりは動かないかな。

で、シールを貼る箇所も少なく、色の構成もほぼ素のままでOK。
で、す、が、頭部のアンテナ中心部がレッドなのですが、
なぜかパーツはクリアグリーン。
いちおうシールはついてくるんですけど、これは残念なポイントです。

しかし、手が8個ついてきて、価格が1000円とは、
おそるべきコスパの良さ。

組みやすいですし、可動域も広いですし、手も付属してくるので、
プレイバリューはかなり高いのではないでしょうか?

来月には拡張パックがでますし、バンダイさんの気合を感じる一品です。


コメントは受け付けていません