HG リーオー レビュー

HGリーオーがついに発売になりました。
通常のHGではなくGunpla Evolution Projectとなってます。
いままではHGのVer2みたいな扱いでしたが、リーオーは初発売なのにこのブランドからの登場です。
それだけ今までのHGとは違うというバンダイの意気込みの現れかと。

パッケージ
なにげに量産機ということで、たくさん描かれてます。
旗を持ったやつもいるし。

説明書表紙

Aランナー
主に外装部分。

Bランナー
主にフレーム部、KPSかな。

Cランナー
武装とかその他パーツ。KPSかな。

それ以外
ポリキャップとビームサーベルのエフェクトパーツ

説明書に追加された新しい表記。
このキットのパーツは各部ごとにまとめられているそうです。

サクッと仮組み
というか、このデキはすごい。
シールなしの色分けが完璧。

別角度から。

後ろ。

斜め後ろ。

見上げる感じで。

クリアパーツ、どこかでみたような
と思い、紫外線を当てると反応します。

正座もできます。

肩はこの程度出せます。

肘は2重関節ではないので、可動範囲はこれくらい。

新機構の股関節。

足首の関節。

感想。

安い、簡単、クオリティ高い、というすごいキットが登場しました。
とにかく、組み立て、とくに関節の組み込みが簡単になってます。が、はめた関節を外すのがちょっと面倒になりましたが、大半の人は組み立てたらバラすっとことはないと思うので、あまり関係ないことと判断されたのでしょう。

基本は前と後ろの2つのパーツを組み合わせて関節パーツで接続するという構造になってます。パーツを合わせたところは段落ち処理がされていますので、合せ目が目立つことはないです。合せ目があるのは、太ももの内側、ライフル本体、ライフルの弾倉、くらいです。パーツ数を極限まで減らしつつ可動範囲を保つという新設計になっており、Gunpla Evolution Projectを名乗るのにふさわしいキットになっています。定価1000円でこれとは、今後でてくるキットもリーオーと比べられてしまうでしょうから、とんでもないのが出たなというのが感想です。


コメントは受け付けていません