• HGBF EZ-SR-MAXIMA 製作1

    ちょっと前にプロショップ限定で発売されていたこのキット。
    最近、再販になっていたので、ゲット。


    後ろ

    久々にバンダイの製品を組み立てると、その精度に驚かされます。
    (ここ一ヶ月、更新できなかったのは、作業場の移転と、
    公開できぬキットの見本を製作していたからです。)
    レジンキットと違って、ばっちり合うし、2時間もかからずパチ組終了。
    楽しかった。

    さて、このキット、まだポリキャップをたくさん使う時期に発売になった、
    HG EZ-8から派生したHGBF EZ-SRをベースにしているので、
    ポリキャップがたくさんあります。そして余るパーツも大量に。
    ま、プレバンのキットほどではないですけれどね。
    最近のプレバン、ちょっと前のB-Clubのキットのように、
    ベースとなったキットのパーツが大量に余るんですよねー。

    今回は川口名人が、キットを組み立てるだけではなく、
    パーツを組み合わせてオリジナルを作って欲しい、
    というメッセージが込められている熱いキットです。

    プロショップ限定なので、通常のキットのように買える店が限られますし、値引きもなし。
    でも、ゴテゴテについてくる武装はプレイバリューは高そうです。

    一通り組み合わせてみたら、今度は他のキットに付けて遊んでみよう、
    みたいな少し前のビルドファイターズシリーズのような作例が出てます。

    ガンプラ改造への第一歩としては面白いキットだとおもいます。

    「いろいろチャレンジして自分らしい物に仕上げてみよう!」
    って説明書の最後に書かれちゃっているし、なんかしないといけない気がしてます。

    HGUCユニコーンのサイコフレームすべてに極小LEDを取り付けて以来の、
    HGへのLED装着をしてみようかな….

    パッケージにはアンテナの庇?部分が大きく顔が隠れてましたが、EZ8の流れをくむ、
    かなりかっこいいガンダム顔です。


  • 業務連絡

    ご依頼をいただいておりました当日版権の見本品、本日発送いたしました。

    また作業場を新しくいたしましたので、新しい住所よりお送りしております。


  • (ご依頼) フルメカニクス ガンダム バルバトス ルプス レクス の手

    完成度の高い1/100フルメカニクス バルバトス ルプス レクスですが、唯一の欠点の手を改修いたしました。

    指先の爪を削って刺さるくらい尖らせました。
    また、残念な肉抜き穴をエポキシパテで埋めました。
    最後に成型色と同じイエローで塗装しました。マスキングが少々大変でした。

    手に特徴があると思うのに、素の状態では残念です。

    爪を尖らせて、パテで埋めたところ。

    サフを吹いてブラックを塗ったところ。
    グレーの部分はスターブライトジェラルミンを塗るので、
    下地をしっかり作ることが大事です。

    スターブライトジェラルミンを塗ったところ。

    マスキングが終わったところ。

    イエローを調合して塗ったところ。
    説明書の配合では赤みが成型色より薄かったので、キャラクターイエローで調整しました。

    つや消しを吹いて、スミ入れ、影をつけて、つや消しを吹いてコート。

    劇中ではボロボロな状態でMAモードになりましたが、その前に覚醒してほしかったな。


  • HGUC キュベレイ リバイブ (MK-Ⅱ塗装)

    HGUC キュベレイ リバイブをMK-Ⅱのような塗装にしてみました。
    ポイントはツヤツヤの塗装に肩のエンブレム。

    金箔を貼ったようなきれいなエンブレムを自作してます。
    プリンタは今は亡きマイクロドライプリンタ。
    エンブレムをデザインしてフラッシュゴールドで水転写デカールに印刷してます。

    塗装はサーフェイサーEVOブラック、EXブラック、スターブライトシルバーといういつもの組み合わせ。
    EXブラックの上にウレタンクリアーで表面を平らに整えてます。

    ブルー:GXディープクリアブルー+GXディープクリアレッド少々→EXクリア(G)
    ピンク:GXクリアピンク→EXクリア(G)

    トップコートにウレタンクリアーを厚く吹いて、
    粗目→仕上げ目→セラミックコンパウンドで磨いてます。

    バインダー内部のパイプも色分けしてあります。