• カテゴリー別アーカイブ シュヴァルベグレイズ
  • HG » シュヴァルベグレイズ
  • HG シュヴァルベグレイズ (マクギリス機) 製作2

    本日は武器の製作

    HGでも最近は本体の合わせ目は目立たなくなってきましたが、
    武器は相変わらずのモナカ割り。

    コスト削減のためなのか、
    模型製作の醍醐味を残してくれているバンダイの愛なのか。

    ってことで、瞬間接着剤+ベビーパウダーで合わせ目消しを行いました。
    素材が柔らかいので、固まった時にあまり硬くならない瞬間接着剤を使わないと、
    ヤスリをかけたときに、パーツのほうがよく削れ、
    瞬間接着剤は残るという悪夢が始まるので注意が必要です。
    ベビーパウダーを入れるのは堅さ調整のためです。
    パテとしても使えますよ。

    bu1

    バトルアックス
    刃先はガイアノーツのスターブライトジェラルミン、
    本体はガイアノーツのニュートラルグレーIV

    bu2

    ワイヤークロー
    金属感をだすために、スターブライトジェラルミンを塗ったあと、
    ホワイトを塗り、金属っぽいホワイトにしました。

    bu3

    ライフル
    標準で装備されているものみたいなので、
    普通にニュートラルグレーIVで塗ってます。
    モナカ割り構造なので、合わせ目消しをしました。

    残りは細かい塗り残しと、スミ入れかな。
    最終調整を考えると今週末には次の製作にはいれそう。


  • HG シュヴァルベグレイズ (マクギリス機) 製作1

    鉄血のオルフェンズからの次の製作はシュヴァルベグレイズ(マクギリス機)です。

    実は仮組はいろいろしてあるのですが、製作に入れていない状況です。

    しかも、このシュヴァルベグレイズ、サクッと終わらせる予定が、
    予想外にブルーが気に入らず、何回も試行錯誤を繰り返してました。

    g2

    g1

    はじめはアニメっぽく説明書通りの調色をほどこし、
    テストピースに吹いてみましたが、いまいちしっくりきませんでした。

    最初にダークブルーを調色したのですが、
    インディブルー+ブラック+ホワイト+レッド
    の組み合わせでは、どうしてもグレー+ブルーの濁った感がありました。

    そこで、説明書の配合よりブルーを減らした色で、下塗りして、
    その上から昔のクレオスの5番のブルーみたいな、
    ホワイトが一切含まれていないブルーの原色を重ね塗りしました。

    設定上、それなりの人物が乗る機体なので、
    高級車をイメージして、ブルーの調色を行いました。

    メカ部分は共通でも、外装は違うというのは良くある事なので、
    高級感がでるように、透明感があって深みのあるブルーを目指しました。

    明るいブルーの部分はトーンを若干変えて、普通のと薄めの2種類を使用してます。
    わかりやすいところでは、膝と股で、
    股の方が膝より色が濃くなってます。

    塗装レシピ
    共通 ガイアノーツ サーフェイサーエヴォ ブラック→ フィニッシャーズ ファンデーションホワイト

    本体部のブルー
    クレオス ガンダムカラー MS ライトブルー → FOK シャ二ンブルー

    ダークブルー
    クレオス インディブルー+ブラック+ホワイト+レッド→FOK シャニンブルー

    フレーム、関節
    ガイアノーツ ニュートラルグレーIV

    イエロー
    クレオス 橙色

    バーニア
    ガイアノーツ ブラック→ガイアノーツ スターブライトジェラルミン