• カテゴリー別アーカイブ HG
  • HGIBO ガンダム キマリス ヴィダール レビュー

    キマリスと名のつくものの第三弾。
    設定上はヴィダールをいれれば4つめの姿。

    ところどころにキマリス感が残ってますが、
    ヴィダールの面影はほとんどなし。

    おなじみのHGのガンダムフレームを使用しているので、
    可動範囲は広いですが、若干、装甲が干渉する部分があります。

    それにしても武器がでかい。
    しかも種類が豊富。
    背中のシールド、なんとダインスレイヴの弾入れ。
    ランスから発射。
    刀も装備。

    このMS、なんでもありだな。

    HGにしては色分けもされていて、細かいイエローがシールっじゃない。
    が、しかし、裏から見るとイエローが目立つ。
    ランス、リアアーマー裏はなんらかの処理が必要かと。

    また、豪快に肩に豪快に合わせ目がでてます。
    頭の後ろにも少しありますが、気にならない感じ。
    ランスはお約束通りモナカ割り。

    全体としては素組みでも高レベルな完成度ですが、
    手を加えたくなる箇所が色々とあるキットです。

    どうでもいいことですが、ランナーBはPSとKPS混合になっていますね。


  • HGIBO ヘルムヴィーゲ・リンカー 完成

    設定上、希少なモビルスーツってことで、輝くメタリック塗装にしてみました。

    神キットと評判の高いグリムゲルデの装甲が違うMS。
    キットもフレームはヴァルキュリア・フレームを踏襲。

    ま、もっとも世間様の評判はMS付き武器キットらしいけど。

    巨大なソードは迫力満点。
    しかしモナカ割りなのでけっこう合わせ目が目立つので消した方が吉。
    パーツ分割もしっかりしてあり、合わせ目がでるのは腕の後ろくらい。
    色分けもほぼ完璧で、胸と手首にシールを貼るようになってます。
    最大な残念ポイントは目がむき出し!!!!!
    クリアパーツ付けてほしかったなー。

    素組みの時はずんくりむっくりって感じましたけど、
    ツヤありで塗装するとこれがいい感じ。

    後ろ姿もなかなかしぶい。

    横はこんな感じ。
    下半身が細いですな。

    基本工作のあとに、サフをふき、EXブラック(G)で真っ黒にしてます。

    塗装レシピ
    本体ブルー メタリックブルー (C)
    本体ゴールド スターブライトゴールド(G)→青金(F)
    本体シルバー スターブライトシルバー(G)
    本体濃いブルー ミッドナイトブルー(G)
    フレーム メタリックフレーム2 2(G)

    肩のバーニアにコトブキヤのバーニアをレッドに塗ったものをいれ、メタルピンを接着しました。
    本体胸に1mmと0.8mmのメタルボールを埋め込んでます。
    腰と足首にマイナスモールド取り付けてます。
    目のところにグリーンのラピテープを貼ってます。

    あとは適当にデカールを貼って、EXクリアで仕上げてます。


  • HGIBO レギンレイズジュリア レビュー

    HGIBO レギンレイズジュリアのレビューです。

    でかい!

    これにつきますね。
    グレイズアインのようなでかさ。
    並の1/100くらいあります。

    なのにお値段が、1400円也とこれまた良心的。

    フレームはほぼレギンレイズのものを使い、足を延長したような感じ。
    そのため、膝がほとんど動かない。というか足の関節全体がだめ。
    膝から下は取り外せて、別のパーツを取り付けられますが、ださい。
    取り外した足パーツはシールドに取り付け。

    しかし、後ろ姿が超絶かっこいい。
    これフレームとバーニアにメタル感を出したら、
    大化けする予感。

    足を収納した状態もかっこいい。
    写真ないけど。

    あと、大きなパーツの宿命で、ヒケが多め。
    なので表面処理をしっかりしてあげると、素組みでもいい感じになるかと。

    また、肉抜き穴も壮大にあるので、これも埋めてあげた方が幸せになれるかと。
    でも、1400円ですからねー、多くを望むのは酷かな。

    レギンレイズのパーツを流用できるので、手首とか持ってくるとイメージが変わります。

    ジュリアンソードは2種、ソードとウィップモードがそれぞれ入ってます。
    軟質素材なので、しならせる事も可能。

    以上、簡単なレビューでした。

    写真が少なめなのは撮影ブースを改装中だからです。


  • HGIBO ガンダムヴィダール 製作3 完成編

    リアクターの肉抜き穴をプラバンで塞ごうとしていましたが、
    思った以上に複雑な形状でしたので、パテで塞ぎました。
    はじめてWaveの軽量エポパテを使いましたが、軽いですね。
    サクサク削れますが、穴を埋めるのに瞬着を使うと、
    パテと瞬着との硬さに差があるので、
    削るのがちょっと難しいかな。

    腰アーマーの裏も軽量パテで埋めてます。

    素組みとの比較

    改修箇所は腰のシリンダーを真鍮パイプにアルミ線を通したものに置き換えて、
    肩に真鍮線に置き換えてます。

    アンテナをシャープ化、メタルボールの埋め込みをしてます。
    バーニアにメタルピンを入れてます。

    フレームは5色で塗り分けました。

    塗装レシピ
    フレーム本体 スターブライトアイアンCG)
    フレームのゴールド ゴールドリーフ(T)
    フレームのシルバー クロームシルバー(T)
    フレームのブラウン フラットアース(T)
    フレームのグリーン スカイ(T)
    フレームのグレー  ニュートラルグレー(TR

    本体ブルー フタロシアニンブルー(C)+クリアレッド(C)
    本体ブラック ミッドナイトブルー(C)+ニュートラルグレーI (G)
    本体ホワイト ニュートラルグレーII (G)
    本体レッドおよびバーニア内部 モンザレッド(C)+ニュートラルグレーI (G)

    リアクター中心部 スターブライトシルバー(G)→クリアレッド(G)

    カメラアイ、センサーのピンクは付属のシールを使いました。