• カテゴリー別アーカイブ FM バルバトスルプスレクス
  • 1/100 フルメカニクス ガンダム バルバトス ルプス レクス LED化 完成

    バルバトス レクス ルプスの目をレッドとグリーン両方で発光できるハイブリッド仕様が完成しました。

    劇中で無双するシーンを期待してましたが、ボロボロになりながらの覚醒モード突入はかっこよかった。
    そのときの感動を少しでも残せたらと思いながら制作をしてみました。

    配線は首の後ろから背中に設置したスプリングパイプの中通して腰まで引っ張り、
    腰の中を通し股下に接続用のコネクタを設置してます。

    ちょっと暗めにして目の発光を最大にすると悪魔っぽいです。

    今回は初回特典についてくる台座に電池などを仕込んでます。
    スイッチでレッド、グリーンの切り替えができます。

    極小のコネクタを圧着して使ってます。

    本体コネクタは股の間に入れてます。

    コネクタを外すことも可能です。

    キットのできが今回もいいですが、KPSのパーツがぽろりし易いかな。
    回収したところは、アンテナのシャープ化、
    肘の丸いのが取れやすいので、瞬着で穴を少々小さくしてあります。

    外装は表面処理をした後に、EXフラットクリアを吹いた後に、
    明るいパーツはウェザリングマスター等など陰影を付けてます。
    暗いパーツにはクロームシルバーでドライブラシをしてあります。

    フレームはスターブライトアイアンで金属感たっぷりに全塗装してあります。

    シャープ化


  • 1/100 フルメカニクス ガンダム バルバトス ルプス レクス LED化 1

    今回はガンダムフレームを塗装してます。
    メカ感を出すためにツヤツヤのメタリック塗装。
    濃い目のシルバーってイメージで。

    ガイアのサーフェイサーEVOブラックを吹いて、
    十分に乾燥硬化させたあと(5日ほど乾燥機)
    EXブラックを艶がでるように乗せてます。

    KPSは柔らかい素材なので、サフが十分に密着していないと、
    ツヤツヤに仕上げるのが難しいし、
    さらに動かしているうちに取れてくるので、
    硬化時間を十分にとったほうがいい結果になるかと。

    EXブラックも十分に乾燥硬化させて、
    スターブライトジェラルミンをうっすら乗るように吹いてます。

    以上、フレームの塗装編でした。

    今回は目の発光を緑と赤のハイブリッド化を目指すことにしたのですが、
    課題が沢山出てきてしまいました。

    まず、緑と赤の極小チップLEDを使ってみましたが、
    LEDの光の特性上、チップLEDを並べると微妙に光の見え方が変わってしまい、
    なんど調整しても満足できませんでした。

    そこで5ミリの2色LEDを使って見てみました。
    発光の見え方の問題は解決できましたが、
    今度はLEDの色の問題が!!!!

    赤緑の2色LEDというのをいろいろ取り寄せてみたのですが、
    緑がどうしても黄緑にしか見えず、悩ましい。

    そこで秋葉原のパーツ屋さんを巡って執念できれいな緑を発光する、
    赤緑の2色LEDを探し出しました。お値段も高めでしたけれど。

    目のパーツを型取りして、LEDを削って削ってここに入るようにして、
    透明レジンを流して固めてます。
    0.2ミリのポリウレタン線を配線して、後頭部から線を出し、
    スプリングで腰まで伸ばしてます。

    LED一色の場合は2線で配線をしてましたが、
    今回は2色のハイブリッドなので3本必要になります。
    その結果、本体と電源のコネクタをピンのピッチ1.25ミリのものにしましたが、
    ピンと線をつなぐところから手作業という…..

    股下を削り、コネクタを取り付ける場所を確保し、
    腰まで伸ばした線とコネクタをハンダ付けし、
    コネクタをエポキシの接着剤で止めてます。

    電源からのコネクタはピン抜け防止のため、こちらにもエポキシの接着剤で線を止めてます。

    今回は初回限定のベースに電源を仕込みます。


  • フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスレクス レビュー

    1/100もついにバルバトス4種類目。
    いやー、元となるガンダムフレームは共通で改修部分が変わっていくという、
    テレビの補完をしているようなフルメカニクスシーリーズ。

    何体分のガンダムフレーム、作ってたんだろう…。

    今回は腕のパーツが肘から先が新しくなっております.
    足はルプスから第四形態のようなデザインに戻ってますが、
    一回り大きくなってます。

    最初にこのデザインを見た時は、かっこわるって思いましたけど、
    制作してみると、かっこいいい!
    てか、腕が長過ぎて不格好なはずなのに、手が大きいのでかっこ良く見える不思議。

    胸の鉄火団のマークもパーツの組み合わせで再現。
    そのせいで、顎がぶつかって正面向かせた時に顎が下がらない。

    ちょうど完成していたバルバトス第四形態と並べてみました。
    一回りデカくなった感じですね。
    第四形態が華奢にみえる。

    ただ、今回も手は塗らないとだめです。
    しかも壮大な肉抜き穴付きになりました。
    足のツメの下側にも肉抜き穴が。
    腕に少々合わせ目がでます。

    逆にいえば、不満点はこれくらい。

    3500円のキットにしてほすごくね?

    一昔前の同価格帯のMGはもっと手を入れる必要があったような。

    付属の武器、メイスほ超でかいし。
    HGではオミットされているギミックもついてますよー。

    初回限定で台座もついてくるし。
    色はパールホワイトっぽい。

    バンダイの本気、すげーわ。