• カテゴリー別アーカイブ インフィニット ジャスティス
  • (ご依頼品)MG インフィニット ジャスティス 制作 完成編

    長い道のりになってしまった MG インフィニットジャスティス LED化、
    本日依頼者様に発送することができました。

    制作しながら、同じものが欲しくなるという…
    苦手意識があったABSですが、料理法がわかりましたので、たぶん怖くない。

    顔横と胸のバルカンは市販のメタルパーツに置き換え
    ビームライフルにもいくつかメタルパーツを埋め込んでます。

    ビームエフェクトを差してみるとこんな感じで、
    いたるところからビームが出てます。

    関節のクリアランスをきっちり取っており、柔らかめのウレタンクリアーとあいまって、
    関節がキッチリうごかせるので気持ちいいです。
    ABSいい!
    KPSですとフニュっとした感じで関節を動かせますが、
    キッチリ動くABSのほうが楽しいです。(ただし、ちゃんと調整した場合)

    アクションベースにはファトゥムを広げた形で設置してますが、
    若干不安定ながら股の間に拡張パーツを使うことで、閉じた形態でも設置できます。

    ファトゥムの羽のシルバー、明るいとフレーム等のシルバーとかぶるので、
    ダークなシルバーにして、バーニアのところだけ明るいシルバーにしてます。

    後ろはこんな感じ。

    ファトゥムのエンジンは暗めのゴールド。
    設定色ですと羽の色と同じようで目立たないので。

    あとは忠実に説明書の色見本と同じ設定でメタリックを塗装してます。
    本体は成型色を活かしての仕上げですので、外装パーツはそのままです。
    でも、色の付いたパーツを白色化しないようにゲートから切り離すのは、
    これはこれで難しいので、全塗装ってのが何度も頭をよぎりました。

    大きめのデカールが多いので、研ぎ出し必須かと。
    段差が見えたらかっこ悪いし。

    パイロットのアスランもしっかり塗装してます。

    ビームのエフェクトにはグラデーション塗装をしてます。
    ただ、雑誌等のように根本が透明でなくなるのは嫌いなので、
    半透明になるように仕上げましたが、下の色とかぶって差がわからん。

    光を上から当てて横から撮影してみると、
    なんとなくわかってもらえると。
    3次元の光の広がりを2次元にするのは難しいです。

    電源のコネクターは背中のバーニア内に収納

    バーニアを外せばコネクターが出てきますので、
    これを取り出して、アクションベース側と接続すれば通電します。

    依頼主さまのご希望で、

    アクションベースに固定しない、
    電源を供給しないときは配線が見えないように

    ってのがございまして、どのように接続するか悩みましたが、
    ちょうどバーニアの内側にギリギリのスペースを確保することができました。
    かなりパーツとコネクタを削りましたけど、ほんと、ギリギリでした。

    アクションベース右にあるボリュームでオンオフ、明るさの調整を行えます。

    センサー部と目はクリアカラーで塗装してあるので、
    全面から光を当てればその色で発色すると思います。

    以上、ご依頼を受けたMG インフィニットジャスティス LED化の完成報告でした。

    ご依頼をいただきありがとうございました。


  • (ご依頼品)MG インフィニット ジャスティス 制作4

    頭部のLED化ですが、先の実験で、下からクリアパーツを照らすだけでは
    トサカ部分のブルーの発光が芳しくなかったので、
    目の部分のグリーンとおでことトサカ部分のブルーの部分を切断して、
    それぞれを発光させることにしました。

    センサー部のところにはスペースがほとんどないので、
    クリアパーツの中に設置することとして、
    1608という極小サイズのLEDを使用してます。

    これ、コメ粒より小さいです。

    0.2ミリのポリウレタン線をプラス、マイナスの2本を半田付けして使ってます。

    左側の白い粒の一つ一つがLEDです。

    目のグリーンは1608より一回り大きく広角タイプのLEDを使用して左右の目が光るようにしてます。

    目以外の部分はクレオスのウイノーブラックで光漏れを防いでます。
    頭部の内側はガイアノーツのEX ブラックで艶ありの黒にした後に、
    スターブライトジェラルミンで光漏れを防ぎ反射するようにしてます。

    可変抵抗で明るさを調整できるようにしました。

    最大(定格いっぱい)


  • (ご依頼品)MG インフィニット ジャスティス 制作3

    フレームを組み立ててみました。
    ウレタンクリアでコートしたので、パーツに厚みが出たので、
    関節部等こすれる可能性があるところは600番のヤスリでクリアランスを調整し、
    表面パーツをマスキングして削った部分にサーフェイサーエヴォ ブラックを吹いて、
    スターブライトシルバーを軽く乗せ、柔らかめのウレタンクリアでコートしてます。

    ピンセットの金属の光沢とはまた別の輝きですが、
    これはこれでありかなと。

    ABSへの塗装はシンナーが残留すればするほど脆くなるので、
    サフを吹くときは可能な限り早く乾燥するようにしています。

    今回はパーツとエアブラシを乾燥機で温め、
    使用する溶剤、サフは60度のお湯で温めて使用しました。
    使用するエアーはタンクに使い捨てカイロを貼り付けて、30度くらいまで温めました。
    今回しようした溶剤はフィニッシャーズのピュアシンナーのような
    揮発性が極めて高いトルエン含有のものを使用してますので、
    有機溶剤用のマスクと手袋の着用は必須です。

    パーツにサフが吹き付けられ、3〜4秒で溶剤が乾燥するような感じです。
    すぐに乾燥すると砂吹きのようになりザラザラした仕上がりになるので、
    今回のように艶ありで仕上げるときは向いていないと思われます。

    LED配線ようにフレームに穴を開けて0.2ミリのポリウレタン線2本を通してあります。
    外装を取り付けて仮組み行い、モールドをBMCタガネで調整してます。
    特に足の部分のモールドは甘いので、掘り直すことによってシャープになります。

    シルバーの部分はサーフェイサーエヴォ ブラック→EX ブラック→スターブライトシルバー
    バーニアの部分はサーフェイサーエヴォ ブラック→EX ブラック→スターブライトジェラルミン
    トップコートはウレタンクリアー

    外装は成型色を活かした制作になってます。
    パーツを磨いたあとに墨入れしてます。

    水転写式のデカールをマークセッターで貼り付け、乾燥後、EXクリアで軽く研ぎ出しを行ってます。
    48時間硬化を待ったあとにEXフラットクリアを外装パーツ全てに吹き、
    5日間乾燥機で乾燥硬化させ組み立ててます。

    デカールをデザインナイフで切ってスライドにも対応できるようにしてあります。